• ホーム
  • レビトラジェネリックはいつまで売られるの?

レビトラジェネリックはいつまで売られるの?

インドではバリフなどレビトラのジェネリック医薬品が製造されていました。
レビトラはドイツの製薬会社が開発し、2003年に発売が開始されています。日本で正式に認可されたのは2004年です。
5mgと10mg、20mgの錠剤が存在し、病院では主に10mgと20mgが使用されています。
バリフはインドの製薬会社が製造・販売するレビトラのジェネリック医薬品です。
通販サイトを利用すれば20mgの錠剤を非常に安い価格で購入できます。

◎バリフの取り扱いがある通販サイトでチェックしてみましょう⇒バリフは最安値でいくら?

バリフなどインド製ジェネリック医薬品は日本国内で未承認ですが、個人輸入することは可能です。

未承認の医薬品の輸入・販売は法律で禁止されています。
しかし個人的な使用を目的に輸入する場合は合法とされます。
インターネット上には個人輸入の手続を代行する通販サイトが多数存在します。
直接的にジェネリック医薬品の輸入・販売をするのではなく、個人輸入手続の代行なので違法ではありません。
使用者自ら個人輸入を行なうと、外国語で複雑な手続を行なう必要があります。
しかし通販サイトを利用すれば、誰でも簡単にジェネリック医薬品を個人輸入できます。

レビトラには有効成分としてバルデナフィルが含まれています。
インドでは製法特許が認められていますが成分特許が認められていないため、製法を変更してバルデナフィルを含むジェネリック医薬品を自由に製造できます。
しかしレビトラを開発したドイツの製薬会社が、バルデナフィルを含む製品の製造と販売の中止を求めてインドで訴訟を起こしました。
2017年1月にはインドの裁判所によって製造中止が決定されています。
ただし販売中止は認められませんでした。そのため現在でも在庫品の輸出が続いています。

バルデナフィルを含むインド製のジェネリック医薬品は、在庫品がなくなるまで販売が継続されます。
将来的に在庫品がなくなれば販売が中止される見込みです。
レビトラのジェネリック医薬品は製造が中止されましたが、まだ在庫品が残っており個人輸入できる状況が続いています。

レビトラのジェネリックのバリフの平均価格

日本で認可されている3大ED治療薬の中でもレビトラは即効性が高く、炎をイメージしたパッケージが親しみやすいことからも多くのリピーターに支持されています。
レビトラも他のED治療薬と同様に病院で処方箋を交付してもらうことが原則です。
保険が適用されないため、問診や適性を計るための健康診断などが必要となり、診察料だけでも5000円から10000円必要です。
その上、レビトラが1錠あたり1500円から1800円になりますから、経済的な負担が大きいことが課題です。

薬代の負担を軽減するためには、価格の安いジェネリック品を購入する方法が最適ですが、レビトラは国際特許期間が経過していないことから、ジェネリック品を製造・販売することはできません。
ただし、インドでは特許に対する解釈が他国とは異なり、製法については特許期間内であるものの、成分については期間が経過しているとして、レビトラのジェネリックとしてバリフが販売されています。

バリフは日本国内は未承認ですが、インド国内では正式に認可されたものであり、レビトラの有効成分のバルデナフィルを主成分としていますから、効果・効能に問題はありません。
また、国内未承認の医薬品であっても、個人利用を目的として使用する本人が輸入代行業者を介して購入することは違法ではありません。
しかしながら、バリフは2017年に製造禁止となっていますから、在庫品のみ通販で入手することができます。

バリフはバルデナフィルの含有量によって5mg、10mg、20mgの3種類があり、最も多く利用される20mgです。
なお、バリフは10錠で1パッケージとなっていますが2000円が相場となります。
したがって1錠あたり200円程度ですが、同時に購入するパッケージ数が増えれば割引率が高くなり、最大で1錠あたり150円程度で購入できます。
また、バリフについては在庫品限りという事情もありますから、個人輸入できる最大数を購入することが賢い利用方法です。

関連記事
人気記事一覧